業務内容
 
会員部
HR部
会計諮詢部
市場部
質管部
工程諮詢部
公関部
法務部
項目部
税務諮詢部
納税業務部
出入境業務部
 
 
 
出入境業務部
 

中国政府は2017年より、外国人が中国で仕事をする際に取得が必要な許可を、従来の労働部門が発行する「就業証」から、国家外国専家局(外国人専門家を所管)が発行する「外国人工作許可証」に全面的に切替えました。既に就業証を取得している人については、就業証の期限が切れる際に切り替える必要があります。この外国人工作許可証は1人につき1許可証制を採用しており、全国的にネットワークをつないだほか、申請時に提出する資料に対する要求も以前と比べて高く規範化されており、審査も厳しくなっています。従って、新しい工作許可取得には、より専門的な知識と経験を必要とするようになっています。
 新制度の実施以降、外国人工作許可証を取得する際に問題が発生したとして、問い合わせを頂くことがたいへん多くなりました。これを受け、華鐘コンサルタントグループは、20197月より従来の項目部の中から、外国籍人員の中国での就業許可取得関連業務における経験豊富なコンサルティング担当者により新たに「出入境業務部」を設立しましたので、今後とも会員企業様に、更に専門的なコンサルティングサービスを提供させて頂きます。出入境業務部」の主な業務内容は次の通りです。

工作許可新規取得
1)外国人来華服務管理中心への「工作許可通知書」取得申請と取得
 ①手続き申請に必要な書類リストの提供
 ②申請書類(外国人来華工作許可申請表、資格証明書、履歴書等)の標準様式の提供
 ③申請書類の作成及び翻訳
 ④政府関連部門への書類提出と手続きの実施
 ⑤「工作許可通知書」取得、日本の中国総領事館で「一次Zビザ」取得後、就業目的で訪中
2)外国人健康診断検疫所への手続き業務
 ①健康診断の受診、又は外国での健康診断書の中国認可証の取得
3)外国人来華服務管理中心への「外国人工作許可証」申請とその取得
4)公安局への「外国人居留許可(工作類)」申請とその取得
 ①申請に必要な書類のリストの提供
 ②政府関連部門への書類提出と手続きの実施
 ③「外国人居留許可(工作類)」の取得、即ちパスポートに本人写真付居留許可シールが貼られる

工作許可の延期
工作許可証を取得してから2年目以降の、毎年の延長手続きに関するアドバイス、延長手続きから取得までのサポート等。

特殊な問題についてのコンサルティング
1)基本条件を満たさない場合(2年の勤務経験、大卒、60歳以下)、点数制を採用又は納税額の約束が必須である場合、詳細の状況を把握した上で、コンサルティング意見を提出(現時点での取得率は100%)。
2)期限が近く、手続き日数が足りない場合、又は期限を過ぎている場合の関連機関との交渉サポート
3)会社の諸変更、退職に関る工作許可証の変更手続き
4)その他工作許可証に関する個別問題のコンサルティング